まじめに一生懸命勉強しておけばよかった

後悔していること、それは中高生の時にもっとまじめに一生懸命勉強しておけばよかったということです。

社会人になってからというもの、自分の知識のなさ・無力さを恥じるようになり、これではいけないと今になってまた勉強を始めた次第です。
でもこれは当たり前のことなのかもしれません。
中高生であった当時は、何のために勉強して、それが将来どう役立つのか全く見当もつかないから、なかなかやる気が起きません。

でも今は必要であることが明確で、目的がはっきりしているので勉強をしたくなるんですよね。
現在資格を取るために勉強していますが、基礎的な国語・数学力、さらには理解力・応用力などのなさに本当に愕然とします。
学生のうちにもっと力を付けておけば、今頃もっとスムーズに資格の勉強ができ仕事もできたのではないかと思います。

そうはいっても、悔やんでばかりいても仕方がありません。
過去は過去、今は自分に足りないことを頑張って補いつつ、前進あるのみです!