あなたのことが、好きでした。

今更後悔しても遅い。ということは分かっていても「なぜあの時、そうしていなかったのか」と思うことがあります。

それは当時片思いしていた人へ、自分の気持ちを伝えることです。

職場での部署が同じで席が偶然となりだったことをきっかけに仲良くなった人でした。
白黒はっきりとつけたがる人で、思ったことをストレートに話したり、人と群れることはなく一匹狼だったので、初めのうちは話しかけずらいと思っていましたが、私自身口数も少なく集団が苦手だったので、いつしか彼の隣が以後ことの良いものと変わっていました。

ところが仲良くなって半年を過ぎたころ、彼が結婚することを突然知りました。付き合っていた彼女が妊娠したという事で、結婚を決めたと彼は淡々と話しました。

だいぶお互いのことを話すようになっていたので、このことを聞いたとき地震が来たのかと思うほどグラグラと揺れてめまいがしたのを覚えています。
好きな人の幸せを願おうと、自分の気持ちを隠すことを決めて彼の隣の席で変わらず仕事を続けましたが、さらに1年が経ち彼に子供が生まれるころ、会社の経営状況が著しくなく倒産し、私は彼と離れ離れの道をたどることになります。

会えなくなるだろうから、最後に告白することも考えましたが、彼のことを困らせたくはありませんでしたし、奥さんもいい気はしないでしょう。彼のことを諦めろ・忘れろという事なのだろうと言い聞かせてそのままお別れしました。

それから3年経ち、新しい職場で私も、自分のすべてを受け入れて一緒にいてくれる人と出会い、ご縁があって結婚することとなり彼のことはいい思い出の一つとなりましたが「もしあの時・・・」と考えてしまうことは正直あります。

略奪愛や不倫関係になっていたら、今どうしていたのだろうか?
自分のドロドロした感情に飲み込まれていたのか。
それとも彼の奥さんの幸福を犠牲に彼と一緒になって家庭を築いていたのか。

私が彼とのことで後悔しているのは、何よりも自分の気持ちを彼が結婚する前に伝えなかったことです。
後悔をしつつ、今を生きる私はもう会うことはないだろう彼との過去に優しく鍵をして、心の隅っこに私は閉じ込めるのです。