あの子にプロポーズをすればよかった

私は、何事も後悔しないように生きてきたつもりですが、1つだけ、とても後悔していることがあります。

それは、23歳のとき、三重県で知り合った女性と付き合っていたときのことです。私と彼女は会社の同期で、最初に会ったときから、私のひとめぼれでした。
彼女に猛アタックして、交際が始まりました。しかし、ある日、自動車でドライブでデートしていたとき、私の運転のミスで他の車と正面衝突の事故を起こしてしまったのです。
そのときから、私は自虐的になり、なんとなく気まずいことが多くなってしまい、結局、別れてしまいました。

ただ、そのときの彼女は、フジテレビの元アナウンサーの高島彩に似ていて、スタイルも抜群で、性格もとてもやさしかったのです。
私は、その後、彼女と同等か、それ以上の女性とつきあうことができたら結婚しようと思っていましたが、結局、51歳になる今まで、そのような女性に会っていません。すなわち、結婚もできずに独身のままです。現在まで、11人の女性と交際し、4人の女性からプロポーズされましたが、結婚しませんでした。

本当に、三重県の彼女を逃してしまったことは、後悔しています。そして、もし昔にもどることができたら、彼女にプロポーズをして、結婚をしたかったです。もう30年も前のことですが、彼女の夢を今でも見ることがあります。逃がした魚はあまりに大きすぎたのです。