資格をとるべきです

やらずに後悔してること。たくさんあります。
若いときはきがつかなったことが年齢を重ねるごとに。
自分がやりたいとおもったことは若いうちに挑戦してみればよかったと。

ひとつの仕事にこだわらずに、就職、パート、アルバイトなどです。
自分にはこれがむいてるということが、いまだに見つけられていないからてす。

結婚する前は、20代は縫製会社につとめていました。そのときは、手に職をつけるということもあって。一生この仕事ができるとおもってました。
23妻で結婚してからも工業用ミシンで内職してました。

縫製企業も不景気になり内職も減り。子育てしながら内職してたんですが。
30代後半。パートタイマーに。そのころから水商売もやってみたかったと。田舎だから無理だとあきらめ。

事務職もやりたかったなあ。医療事務もやってみたかったと。でも資格がいる。資格とるにもお金がいるし。
工場にパートタイマーで行き初めて。人間関係で、ストレスで食べれなくなりやめてしまった。

給料もボーナスもでたし、我慢して続けてたら貯蓄もできてるし、友達ともでかけることもできて人生かわってただろうなあと。
あのときまだ、40代前半。どうして考え方を変えてみなかったんだろうかと。

仕事以外にも、人間不振になってさまってたこともあったからね。

今も。50代になり、何かしたいはじめたいとおもうけど、どうして三級ヘルパーの資格をとっておかなかったんだろうかと。後悔してます。
そうすれば、短い時間でも、介護の仕事ができてるんではないかと。