後悔先に立たず

私のやっておけばよかった後悔はズバリ英語の勉強です。
中学の時は英語が得意でしたが、それも学校の試験での事です。

高校受験の勉強に入り、各文法がごちゃまぜになった試験勉強をするととたんにすべてがぐちゃぐちゃになってしまいました。
高校大学と進学し、それぞれ学校でも英語はありましたが、やはり試験の成績だとよかったのです。
つまり、各文法にわかれて試験をやる時には、試験範囲の文法のみを使うのでできる気になっていたのです。

大学に入ってその事に薄々気づいてはいましたが、英会話の授業が少しあるだけで特別学校生活に不自由なかったためそのままになってしまいました。
中学高校の時に勉強してきた基本的な文法と語彙力があれば、簡単な英会話は意外と成立します。
大学には外国人の先生もいたため、英語を話す機会はありました。

それを機会に英語を本格的に勉強すればよかったのです。
社会人になれば読み書きよりも英会話を重視すると思いました。

ところが元々勉強が好きではない私は当然やらず。
新卒で入社した会社を退職し、今は専業主婦です。
英語ができれば在宅でできる仕事や再就職も有利だったことでしょう。

大学を卒業してから英語が遠ざかり、現在は中学レベルの英語ができるか怪しいです。
子供も生まれ生活が苦しく仕事を探していますが、こういうときに英語ができれば有利なんだろうなと後悔しています。