高校時代の忘れられない後悔

私は、高校生の時に野球部に入らなかったことを後悔しています。私が通っていた高校は多くの部活動が活発でインターハイや全国大会で優勝するなど有名な高校でした。多くの高校生が中学生時代から注目された子たちで推薦という形で入学していました。私は、強豪校の野球部に入りたくその高校に入学することにしました。

そして、入学後に部活動体験という形で練習に参加させてもらったのですが、あまりにも周りのレベルが高くとてもついていけず入部することをやめました。一方、同じクラスで初めに仲良くなった友人は野球部に入る決断をして卒業までやり遂げて頑張っていました。

私が今この年になって後悔している主な要因は、野球部に入らなかったことで友人関係を築くことができなかったことです。初めに仲良くなった友人は、部活動を通して多くの友人関係を築いていて高校生活を満喫しているように見えました。私自身も友人がいなかったわけではないのですが、部活動に入っていたら多くの友人ができ、もっと充実した高校時代を過ごせていたと思っています。